いつまでも若々しい肌を保つ【シワ たるみの改善方法】

いつまでも若々しい肌を保つ シワ たるみの改善方法

みなさんはシワやたるみが気になることはございませんか? いくら洋服に気を使いオシャレをしても肌は見た目年齢を決める重要な要素です。そこで若さを保つためにシワとたるみの対策が欠かせません。では具体的にどうすれば良いでしょうか?

 

まずは何と言っても紫外線対策です。紫外線はシワやたるみを引き起こす原因です。ただ注意したいのは夏だけ日焼けどめを塗れば良いわけではありません。紫外線は4月から10月頃までが強いと言われているので春から秋にかけて行うのがベストです。

 

また曇りの日も紫外線は降り注いでいるので日焼けどめを塗ることを忘れずに。また注意したいのが無理なダイエット。私も以前綺麗なスタイルでいたいと思い食事制限などを行いましたが無理なダイエットがシワやたるみの原因となると知りやめました。

 

また良質な睡眠も欠かせません。以前美肌を保つ方法について紹介した動画を見ましたがそこで強調されていたのが早く寝ることです。特に10時前に 寝ることをすすめていました。私もその動画を見て以来10時には床につくようにしています。

 

さらにスキンケアで保湿をすることも大切です。みなさんも乾燥は肌の大敵であることはご存知だと思います。十分な保湿を行う必要があります。化粧水だけでは不十分なので美容液や乳液を使う必要があります。

 

またシワとたるみを防ぐためにエイジングケア化粧品を使うのも効果的です。このように日頃の少しの心がけでシワやたるみを防ぐことができます。みなさんもぜひ参考になさりいつまでも若々しくあってください。

 

 

腹のぜい肉で弛みが目立ってきたので毎日ダンベルを使って体操しています

暑い夏、のどが渇きますからどうしても水分を補給してしまいます。体が水分で弛むのが嫌だからと、水分を取らないでいると熱中症になる恐れもあります。体から出る水分と摂取する水分のバランスがとれていれば、水分の取り過ぎで腹の皮が弛むということはないと思います。

 

しかし暑いとどうしても過剰に水分を摂取してしまいます。  

 

私は毎年夏場は腰回りが弛んでしまいます。水分を取らないわけにはいかないので、注意しながら飲んでいますが、今年も取り過ぎたのか腹の皮が弛んできました。そこで危機感を感じ昨年覚えた腹のぜい肉を取り除く運動を毎日欠かさずやっています。

 

自宅でも簡単にできて効果的な体操です。用意するのはダンベル1個だけで、後は床か畳の上ですることができます。ダンベルを持って腰をひねったりします。全部で8つの動きに分かれています。1つの動きを20回、全部で160回することになります。これを理想としては1日3回するといいらしいですが、忙しくて朝の1回しかできていませんが、毎日頑張って続けています。  

 

これを励行し始めたのは昨年の11月からです。約10か月経過してきました。あばら骨の下あたりの筋肉が少し見えるようになってきました。小さく盛り上がって見えるのです。しかしわき腹のぜい肉はなかなか取れません。少なくとも3年はかかるだろうと思っています。毎日続けることが大事と頑張っています。

 

 

100円均一で見つけたたるみ解消グッズ!

年齢を重ねるごとに、肌のさまざまな悩みを抱えるようになりました。
その中でもたるみが気になっていて、鏡を見るたびに「あ〜。」と思わずため息が出てしまうほどです。
顔全体が以前よりもたるんだ印象があり、どにか対策を行わなければ将来もっとたるんで大変な状態になってしまうのではないかと危機感を覚えました。

 

そんなとき、たまたま近所の100円均一に立ち寄りました。そこで普段よりもいろいろな商品を見ていると、一つの商品に目が止まりました。

 

顔を全体をリフトアップすることができる、マッサージ器具が置いてありました。「これだ!」と思い、すぐさまレジまで持っていき購入することにしました。

 

家に帰って早速中を開け、実際に試してみることにしました。実際に使用した感じも、100円とは思えないほどのクオリティーの高さにビックリしました。
それからというもの、テレビを見ながらや家事の合間などに行うことにしました。

 

さらに効果を期待できそうだなと思い、入浴中は血行が良くなるということを耳にしたことがあったので入浴中に顔全体をマッサージしながらその器具も使用してマッサージを行うようにしました。

 

それを始めてからというもの、顔全体がスッキリをした印象に変わったのが自分自身でも分かるようになりました。
これからもたるみ解消のためにしっかり行っていきたいと思います。

 

 

友のシワが気になるときは・・

先月、ひさしぶりに元同級生の友達3人と会って、食事をしました。私達は今やアラフォーです。

 

ずっと一緒だったわけではないのですが、定期的に会っているのでお互いのことはよく知っています。ということは当然、外見の変化も見ているわけです。

 

たまにしか会えないので、その変化に気づきやすいのです。私が友達を見て「うわ小じわが・・」と思っているときには、友達も私のことを同じように見ているはずです。

 

でもこのまま諦めてはいけないと思い、今あらたに年齢を意識したスキンケアを始めているところです。諦めていたらどんどん小じわは増えるだろうし、それを少しでも止めたいと思っています。友達に「小じわ減ったね」と言われたいという気持ちもあります。

 

顔の変化は小じわだけではありません。たるみも気になるところです。このたるみを防ぐために、小じわを減らすためにつけているクリームを塗りながら顔のマッサージをしたり、顔筋トレーニングをしています。以前よりも太っているのでダイエットもしたいですが、無理なダイエットは顔のたるみにもよくないので気をつけないといけません。

 

化粧品の進化により、アンチエイジングがだいぶ可能になった今の時代に感謝しないといけないのはわかっていますが、つい肌の変化を嘆いてしまいます。

 

 

【合わせて読みたい】生コラーゲン ナノアルファのお試し結果はどうなの!?