痩せると目立つシワ・たるみを防ぐために

痩せると目立つシワ・たるみを防ぐために

私は50歳代の半ばです。ちょっとぽっちゃりタイプだからなのか、今のところあまりシワ・たるみはありません。柳原可奈子さんほどの張りはありませんが、適度に張りがあるかなと自分では思っています。

 

一方、私の夫は、若い頃は痩せ形だったのですが、40歳代半ば頃には少し肉付きが良くなりすぎていました。それから50歳代になって、少し痩せてきた上に、昨年体調を崩したこともあり、さらに半年で5キログラムほど減量しました。

 

50歳を過ぎて痩せると、引き締まった感じではなくて、しぼんだ感じという方が近いかもしれません。

 

顔や手などにシワが増えてきましたし、たるみも出ています。体重を減らした方が健康にいいと医師も言っていましたが、お肌のケアを同時にしないと、貧相に見えてしまいます。

 

男性なので、フェイスマッサージまでした方がいいとはいいませんが、風呂上がりの化粧水や乳液だけでもずいぶんマシになるだろうと思います。
私は、なかなか痩せることはできないと思いますが、痩せたときにシワやたるみで困らないように、しっかりとお肌の手入れをしておきたいと思います。

 

そんなにお金はかけられないので、とにかく保湿を怠らないように化粧水や乳液、ときには顔のパックなど簡単にできるものから始めて、続けていきたいと思っています。

 

 

シワやタルミには、お口体操!

四十歳を過ぎてから、急にシワやタルミが目立ってきて、ショックを受けてしまいました。何とかできないものかと、テレビやネットなどを見て、勉強することにしましたが、なかなかいい方法が見つかりませんでした。

 

私の場合は、特に、頬のタルミが気になっていて、美顔ローラーで、コロコロやっていましたが、あまり効果がないように思いました。そこで、自分でタルミにいいものを探すことにしました。

 

ネットで、見たのですが、シワやタルミは、加齢もあるのですが、紫外線の影響もあると知りました。なので、季節や天候に関わらず、屋外に出るときは、しっかりと日焼け止めを塗って、さらに、日焼け止めの入っているファンデーションを塗ってから、帽子をかぶるようにしました。

 

また、しっかりと化粧をしているので、化粧落としをきれいにしました。化粧が残っていることで、シワがより目立つとも言われているからです。そして、お風呂上がりに、お口の体操をすることにしました。お口というより、顔全体を動かすという感じです。

 

あいうえお体操に、口を縦、横、斜めに動かしたり、回してみたり。目の周りのシワも気になるので、目を見開いてみたり。お風呂上がりにすることで、さらに血流が良くなるように心がけました。結果、少しですが、シワやタルミが減ったように思います。

 

やはり、一番大切なことは、常に美顔に心がけるということだと思います。これからも、加齢に負けないように頑張りたいです。