シワやたるみは首元から改善しましょう

シワやたるみは首元から改善しましょう

毎日繰り返しお肌のケアをしていても、年齢とともにどうしてもいつの間にかシワやたるみが気になるようになりますね。顔はもちろん一生懸命ケアされている方は多いと思いますが、首元のケアはされているでしょうか。

 

せっかく顔のシワやたるみのケアをしても首がしわしわでは意味がありません。首元は意外に目立ちやすく老化が出やすい場所です。

 

首元の具体的はケアとしましては、お風呂に入っている時やお風呂上りなどの体の血行がよくなっているときにマッサージを行うとことです。鎖骨の下からあごに向かって下から上に両手の四本の指で交互に優しく押し上げるようになでます。そして、耳の下から鎖骨の内側に向かって今度は下げるようにします。

 

こうしますと、老廃物をリンパに流すことができますから、より顔から首まで引き締めることができます。お風呂上りや朝、洗顔をした後などは、顔と同じように首にも保湿化粧水などをたっぷりつけるようにしましょう。乾燥もシワやたるみの原因になるのです。

 

UVケアも顔と一緒に首にも行うようにしましょう。顔から首元まですべて引き締まっていることが、きれいのコツです。血行がよくなるようにまめにマッサージをしてハリのはるお肌を手にいれましょう。

 

 

シワやたるみが年齢と共に気になる、そういった場合に必要なこととは?

肌は年齢が出やすい部分です。

 

また、人からよく見られやすい部分でもあり、メイクでは隠し切れなくなったり、写真に撮られている自分の姿を見て、
クビのシワやたるみ具合に驚き、こんなにシワがあったんだと突きつけられてしまったりして、写真に写るのが憂鬱に感じてしまいます。

 

よく鏡で見てみると、シワが増えたと実感したり、肌が重力によって下に下がってたるみにつながってしまったり
このままどうなってしまうのだろうと不安に感じてしまいます。

 

いつまでも若々しくいたいし、年齢を気にしたくないという思いは年齢を重ねるたびに強くなります。

 

そうしたシワやたるみをこれ以上促進させないためには、肌に「コラーゲン」を入れてあげることが大切です。
コラーゲンは肌を作る重要成分であり、肌のベースの7割を占めるとされています。

 

そうした重要な成分であるコラーゲンですが、年齢とともに量が減ってしまう傾向にあります。
コラーゲンが減少してしまうと、乾燥を引き起こし、それによってシワやハリ不足になってしまうといった肌トラブルが起きやすくなり、
その結果シワやたるみが目立ってしまうのです。

 

年齢を重ねるごとにシワやたるみを感じやすくなるのは、コラーゲンの量が減っていることに関係していることが分かります。
そうして減ってしまったコラーゲンを肌に補給してあげることで、コラーゲンの本来の働きである水分保持やハリを取り戻すのに働きかけ
年齢による肌トラブルを引き起こしにくくします。

 

コラーゲンが配合されているスキンクリーム「ナノケア」のようなコラーゲンを肌に浸透させやすくする商品を使い続けることで肌本来の働きを取り戻し、シワやたるみを改善します。

 

⇒スキンケアクリーム ナノアルファを試してみたい人はこちら